マインド 勝つための日々の思考 最初に知っておくべきこと

ビジネス・トレードで成功する明確な2つの時間の使い方

投稿日:2017年1月16日 更新日:

「あー、やっと一週間が終わる、週末だ!」

今働いている会社でよく聞くフレーズです。

特に新人に近い、大卒わずかの人間はこう思うことが多いように思うけど、
実際には多くの人が思っていることだったりします。

一週間のうち働くのは一般的に5日間なので、
5/7だから、一生の約7割の時間を早く過ぎればよいと思い、
自分を殺して、ただ会社の言いなりになり暴風雨が通り過ぎるのを
待っているような状態になっているわけです。

「5日間耐えればいいんだ!」

こんな感じで時間を過ごすわけ。

 

自分もサラリーマン時代、日曜日の夜が一番嫌で金曜日の夕方が一番ソワソワしてました。

これはほとんどのサラリーマン、OLが日々感じていること。

なぜかと言えば、

平日を耐え忍んで休日楽しむという考え方は、人生の多くを無駄にしてしまう。1分1秒も無駄にするなとは言わないが、業務時間外は有意義に過ごすべきだし、業務中もやりがいを持つことによりすべてがうまくいくようになる

しかし、この大事な考え方を見失ってしまうと、ふと気づいたときに、

「なぜオレはあんな無駄な時間を・・・」

正に、スラムダンクの三井の思いとオーバーラップしてしまうわけだ。

三井は人生のわずか約3年間を無駄な時間に使っただけで、
その後努力をすることによりプレーに輝きを取り戻すことになるが、

これがサラリーマンの場合は、
約20年~30年間を同じように何もせずに過ごしてしまうと
ほとんど取り戻すチャンスは少なくなってしまう。

もちろん、絶対に無理とは言わないが、かなり厳しい。

一瞬の光陰軽んずべからず

ビジネスをやるにしても、トレードをやるにしても、サラリーマンをやるにしても、その一瞬を一生懸命に頑張らなければ、どんどん追い詰められていってしまう。

サラリーマンであっても、一生懸命に会社の売り上げやコスト削減に努力し続けることによって、会社での地位や多少なりとも給料がアップすることにつながるし、その努力や成果は他のライバル企業にとっては、あなたをドラフト1位でスカウトしたくなるかもしれない。

そうなれば一気に給与は跳ね上がり、部下が付き、個別の部屋も用意されるかもしれない。

結果として、一般的に言われているサラリーマンの生涯収入を上回ることも可能になる。

時間を無駄にせずその道を極めていけば必ず道は開けるわけだ。

副業やビジネスやトレードも同じ

これが自分のビジネスであったり、トレードで勝とうと思ったときに、サラリーマンでの成功の考え方と同様に、一瞬一瞬を大事に考え、一つずつスキルアップしていくことが非常に重要になってくる、ということはお分かりいただけると思う。

すぐにビジネスで億万長者になることはあり得ない。

最初はだれもが素人状態から始まるわけだから、少しずつ学んでいき、実践して、その中で多くの失敗をしながら、「やっていいこと」と「やるべきではないこと」を理解していく

そのステップをきちんと刻み続けているから、成功するわけです。

トレードも全く同じ。サインが出たらとか、〇〇がクロスしたからとか、△△がダイバージェンスしたからと単純に捉えて簡単に勝てるほど、相場は甘くありません。

相場はもっと人間の深いところをジワジワと攻めてくるし、そのうち動けなくなりトレードをしなくなる人も多数います。

それだけ手法の理解だけでなく、人間的な成長も伴わなければ勝ち続けることはできません。
これはいわゆるメンタルとは違い、人間力とか、器という風に捉えてほしいです。

メンタルを鍛えれば勝てる!
メンタルが弱いから負ける!ということではなく、

あなたがそのトレード手法で、
そのロット数でエントリーしても

安心していられる器を持つこと。

そのためには毎日相場を見続け、器を大きくしていく必要があるということです。

Time is Money

そうやって、サラリーマンにしても、そのほかのビジネスを頑張るにしても、何が大事か。

それは間違いなく、時間です。

サラリーマンをやるにしても、就業時間は会社の業績を上げるために努力して、あなたの会社における存在意義を高めていくこと。

そうすれば、大きな金額ではないかもしれないが、安定的に長期的な収入が確保されることになり、社会的信用も得ることもできる。

副業でビジネスを成功させたり、勝ちトレーダーを目指すのであれば、なおさら時間を大切に使わなければならない。

終業後の限られた時間、週末や休日の限られた時間を有効に使って、自分のビジネスをくみ上げていかなくては成功なんて夢のまた夢なわけです。

時間を無駄にしないために心がけること

やらないことを決める

この世の中、時間泥棒となりうる事柄はたくさんある。

  • テレビ(価値のないものが多い)
  • スポーツ中継(基本的に2時間以上時間を取られる)
  • オンデマンドサービス(映画、ドラマ、アニメなど無限に時間を浪費する)
  • スマホゲーム(本当に時間の無駄)
  • Youtube(これも何気に時間を奪われる)
  • SNS(基本的にあなたのビジネスの成長につながらない)

 

これらのことを二つ以上やっている人はビジネスで成功できない。なぜなら、ビジネスやる時間が生み出せないから。
結局、これらのことをやり続けていると、最終的には右の写真のように「こんなはずでは・・・」ということになってしまう可能性が高まるわけ。

 

やるべきことを決める

やるべきことは基本的に仕事、ビジネス、トレードに関することに絞り込むこと。
基本的には、

  • ビジネスの勉強をする
  • ビジネス書を読む
  • ビジネスの音声を聞く
  • ビジネスの計画を立てる

というビジネスの基礎を学ぶこと。

 

また、情報発信であれば、

  • ブログ原稿を書く
  • 自分のターゲットのキーワードを見つける
  • 自分の思考をメモする
  • 小説などを読む
  • コンテンツを制作する

ということであるし、

 

トレードに関して言えば、

  • トレードの検証をする
  • トレードのシナリオを立てる
  • 実際にチャートを見てエントリーと決済をする

ということを繰り返し行うこと

 

あと、忘れてならないのが、

  • 家族と一緒の時間を過ごす
  • 運動する

の二つである。

家族あってのビジネスであるし、健康あってのビジネスである。

まとめ

最後に言いたいのは、時間は早く過ぎ去ってしまっていいものではなく、大切に使わなければならないということ。

できれば毎日の行動計画を前日に立てて、理想通りに動いてみよう。

仮に動けなかったとしても、明日はまた少し成長し、毎日の時間の使い方が上手になるはずだ。

時間の使い方も、一朝一夕ではなく、少しずつうまくなっていくので安心して頑張っていただければと思う。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
井村尚弥

井村尚弥

1975年北海道小樽市生まれ。人生の可能性を追求する起業家。現在はFXやリスクの極めて小さいブログでの広告ビジネス、メールマーケティングなどで複数サイトを保有し、安定した収入を得る。

Copyright© FX相場の本質を知りシンプルな戦略で勝ち続けるブログ , 2018 All Rights Reserved.