FX相場分析(シナリオ) 先週の振り返り 週展望

FX為替相場分析4月3日週EURUSDユーロドル

投稿日:

こんにちは、ツールに頼らないFXの井村です。

先週のユーロドルは窓開けからスタートして、
上昇継続せず大陰線を形成して終了しました。

細かくレジサポを振り返るとバッチリ戦略がハマっていますね。

本当に相場で勝ち続けるには
手法の数や難しさではないなと実感しています。

 

さて、今週も長期足からの展望を見ていきたいと思います。

先週の振り返り(動画)

今週の展望(動画)

週足

週足に関しては先週の記載の通り、
一旦上昇勢いが終焉すると予測できています。

今週は、週足シナリオの1が発動するか、
シナリオ2の方向に進んでいくのか注目していきましょう。

 

4週連続陽線となって、上昇気配が明確になってきました。

しかし、

画像にも直接書いていますが、直近では週足レジサポにあたってきているので、
売り目線で見ていくシナリオも有効と考えています。

ただ、今週は攻防で4連騰の勢いも終わるような週になるのか、
それとも、勢いづいてブレイクしていくのか注目ですね。

参照:https://fx-trader-life.com/fx-scenario-20170327-wk-preview/

4時間足

売りシナリオと買いシナリオの両面で考えてみます。

売りシナリオ

大きく3つの売りシナリオが考えられます。

  • シナリオ1:直近レジサポでの戻り売り
  • シナリオ2:少し上の直近下落の半値付近レジサポでの戻り売り
  • シナリオ3:日足・週足レベルのサポートをブレイクした後のリターンムーブ

個人的には、シナリオ3まで行く可能性が今のところあると見ています。

なので、今週も売り目線中心に見ていく予定です。

買いシナリオ

 

  • シナリオ1:直近高値超えのリターンムーブ
  • シナリオ2:週足、日足レベルのサポートでの押し目買い
  • シナリオ3.4:上昇ダウ反転したときの主要なレジサポでの押し目買い
  • シナリオ5:直近最安値での逆張り

まず見なければいけないのは、
シナリオ2の日足・週足レベルのレジサポで跳ね返るかということ。

直近上昇(2月20日~3月27日)のフィボナッチ61.8付近まで戻しているので、
長期トレーダーが入ってきやすいとは推測されるが、どうなるか。

買い目線で入れるポイントは、シナリオ2か、シナリオ5の直近最安値付近です。

まとめ

 

しっかり分析できているとローソク足の動きに翻弄されず、
本業や、趣味、プライベートとの両立も可能になってきますね。

今週も戦略に沿って頑張っていきましょう!

※投資の最終判断は自己責任において行ってください。こちらではいかなる責任も負いませんのでご注意ください。

 

相場分析力を手に入れるには

相場の本質に沿った分析力が身につくと、
様々な情報商材や、情報そのものに振り回されることがなくなります。

水平線だけ引いて、ポイントまで引きつけてトレードするだけ。

そんなトレード手法「FXマスターキー」

まとめて完全無料で提供しています。

ぜひ手にとってあなたの相場分析力を向上させてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
井村尚弥

井村尚弥

1975年北海道小樽市生まれ。人生の可能性を追求する起業家。現在はFXやリスクの極めて小さいブログでの広告ビジネス、メールマーケティングなどで複数サイトを保有し、安定した収入を得る。

Copyright© FX相場の本質を知りシンプルな戦略で勝ち続けるブログ , 2018 All Rights Reserved.