FX為替相場分析4月17日週EURUSDユーロドル

目安時間4分

こんにちは、シンプル戦略FXの井村です。

先週は下げ止まり傾向でしたね。

さて、今週も長期足からの展望を見ていきたいと思います。

先週の振り返り

先々週の下落傾向から、

  1. ①のダブルボトムで下げ止まり
  2. ①のネックラインで②のリターンムーブで急上昇
  3. その前のレンジ上限あたりで抑えられて急降下

というような動きがありました。

①のダブルボトムは、レート的に止まるべきところか?
という感じはありましたね。

しかし、ダブルボトムで反転傾向、
しかも、安値を切り上げてましたので
ダウは反転していたわけです。

その前提に立てば、②のリターンムーブは取れないといけないです。

ネックラインでの指値でもいいですし、
直近高値ブレイクで入ってもどちらでも構いません。

でも、ネックラインで指値買いのほうがレートは有利です。

直近安値をストップとすれば、損切りまでの距離が30ピプス、
リスクリワードを1:2と仮定すれば、利確まで行っています。

リスクリワードが1:3だと建値まで戻ってしまいますね。

そのへんはご自身の検証によって決めてくださいね。

今週の展望(動画)

別途アップデート予定

週足

こちらは先週と同様となっていますが、①のポイントまで下落せずに
反転上昇もあり得る状況です。

4時間足

売りシナリオと買いシナリオの両面で考えてみます。

売りシナリオ

大きく3つの売りシナリオが考えられます。

  • シナリオ1:下降ダウ成立後のリターンムーブ
  • シナリオ2:日足レベルでの押し安値をブレイクした後のリターンムーブ
  • シナリオ3:直近最安値をブレイクしてから週足サポートまでの売り

先週のシナリオが有効であれば、1.052あたりまでレートは進む可能性があります。

しかし、ダブルボトム&大陽線で上昇気配が出ていることから、
しっかり抜けてからのリターンムーブを狙うほうがよいと考えます。

買いシナリオ

  • シナリオ1:ダブルボトムネックラインでのリターンムーブ
  • シナリオ2:日足レベルのダブルボトムを形成してリターンムーブ
  • シナリオ3:日足レベルの押し安値での反転
  • シナリオ4:直近安値での反転

シナリオ1,2は売りシナリオとも競合しないので、
比較的レートが一方向に動く可能性が高いです。

しかし、シナリオ3は売りシナリオともバッティングするところなので、
見送るのも手です。

あとシナリオ4はレンジになる可能性とブレイクして、
下降トレンド継続となる可能性の両面が考えられますが、

このレートが明確なレジサポではないことから、
買い勢力は弱い可能性があります。

よって、買いの場合は、シナリオ1,2で行こうと思いますね。

まとめ

売り買いのシナリオを考えたときに
両方のシナリオが重なってしまうところは、
市場参加者も意思の合意はできていない場所になります。

できるだけそういうところは避けて、
上がるしかないところ、下がるしかないところ
を狙うようにしていきましょう。

今週も戦略に沿って頑張っていきましょう!

※投資の最終判断は自己責任において行ってください。こちらではいかなる責任も負いませんのでご注意ください。

相場分析力を手に入れるには

相場の本質に沿った分析力が身につくと、
様々な情報商材や、情報そのものに振り回されることがなくなります。

水平線だけ引いて、ポイントまで引きつけてトレードするだけ。

そんなトレード手法「FXマスターキー」

まとめて完全無料で提供しています。

ぜひ手にとってあなたの相場分析力を向上させてください。

京大卒・元NTT社員・独立後年商10億円企業を経営している加藤将太さんによる世界一わかりやすい仮想通貨解説サイトです。

現金1万円または同等のリップルをもらえたり、様々なプレゼントがもらえるキャンペーンを【期間限定】で行っていますので、ぜひ参加してみてください!

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
サイト運営管理者

シンプル戦略FX管理人 井村尚弥

副業で物販ビジネスを始め、独立を果たすがリアルビジネスで失敗。

再起を賭けてFXトレードを開始。

最初はいろんな商材を買いあさり、全く勝てない期間が続いてものの、シンプルに捉えるようになってから成績は急上昇。

副業でも安定して稼げるトレード法を確立し、人との関わる仕事が好きなため、昼間はお仕事をしています。

最近では自身が確立した手法を情報発信しており、同じく副業でFXで稼ぐ仲間を増やしていきたいと活動しています。

基本的にはブログよりもメルマガ中心で濃い情報をお伝えしていますのでメルマガも是非読んでいただければと思います。


カテゴリー

ページの先頭へ