FX外国為替相場分析1月2日週振り返りユーロドルEURUSD

目安時間4分

2017年1月2日から6日までのユーロドルの動きを1日ごとに振り返ってみます。
こうすることで自分がどのように相場を見ていて、実際の相場がどのように動いたか確かめることができ、自分のテクニカルの検証、自信を積み上げていくことができる。

ぜひ皆さんもやってみてください!

ではまいりましょう!

1月2日(下げシナリオがもろに合致)

1月2日朝のシナリオ

当日記事 → なし

1月2日当日のユーロドルの動き

上昇目線ではあったものの、赤線で記した下落シナリオも用意していた。
というより、上昇の節目が弱かったということになる。

結果的にわかりやすい安値である1.044付近まで一気に下げた。

 

1月3日(火)リターンムーブから再下降

1月3日朝のシナリオ

当日記事 → FX相場分析1月3日ユーロドルEURUSD

1月3日当日のユーロドルの動き

当日は下降のシナリオを二つ用意していたが、
緑色のシナリオ位置までの戻りを作ってから、青色のような下落&跳ね返りをしていた。

 

1月4日(水)V字で一気に上昇

1月4日朝のシナリオ

当日記事 → FX外国為替相場分析1月4日ユーロドルEURUSD

基本的にダブルボトムを形成しそうだったため、短期上昇目線を持ちつつ、
どこで下げるかを見ていた。

1月4日当日のユーロの動き

戻りをほとんどつけずに、週足節目付近1.05あたりまで一気に上昇することとなった。
短期買い目線でそのままポジションを持っていれば相当な利益になるケース。

リターンムーブを2回つける非常にわかりやすい上昇の形となった。

1月5日(木)2回目の上昇は想定外。。。

1月5日朝のシナリオ

当日の記事 → FX外国為替相場分析1月5日ユーロドルEURUSD

1月4日の新安値を付けていたことから、下目線があったのは事実。
支えられれば買うが、抑えられる可能性が強いと考えていた。

1月5日当日のユーロドルの動き

午前中の上昇については予見できるものの、
その後の大きな下落で「やはり下目線」と思ったのもつかの間、
大きく上昇することとなる。

5分足とかで見ていれば買えるかもしれないが、1時間足では難しい。

1月6日(金)わかりやすい節目を作って押し目づくり

1月6日朝のシナリオ

当日の記事 → FX外国為替相場分析1月6日ユーロドル(EURUSD)

上昇勢いは強いと思ったものの、節目を割ったら一旦調整の売りが入ると考えていた。
1.057あたりで支えられなければ下落して、再度支えポイント探し。

1月6日当日のユーロドルの動き

一旦1.057あたりで支えられる動きがあったものの、雇用統計で一旦上抜けた後に一気に下落。
リターンムーブを形成し、さらに下降する形になった。

リターンムーブは非常にわかりやすい形であったため、トレードしやすかったと思われる。

まとめ

週足で見ると、行って帰ってでレートはほぼ変わらずとなった。
1時間足で見ると節目が非常にわかりやすくトレードしやすい一週間だったように思える。

このように節目と移動平均線の向きだけでもシナリオを構築することは
十分可能であることが理解していただけるとうれしいことこの上ない。

京大卒・元NTT社員・独立後年商10億円企業を経営している加藤将太さんによる世界一わかりやすい仮想通貨解説サイトです。

現金1万円または同等のリップルをもらえたり、様々なプレゼントがもらえるキャンペーンを【期間限定】で行っていますので、ぜひ参加してみてください!

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
サイト運営管理者

シンプル戦略FX管理人 井村尚弥

副業で物販ビジネスを始め、独立を果たすがリアルビジネスで失敗。

再起を賭けてFXトレードを開始。

最初はいろんな商材を買いあさり、全く勝てない期間が続いてものの、シンプルに捉えるようになってから成績は急上昇。

副業でも安定して稼げるトレード法を確立し、人との関わる仕事が好きなため、昼間はお仕事をしています。

最近では自身が確立した手法を情報発信しており、同じく副業でFXで稼ぐ仲間を増やしていきたいと活動しています。

基本的にはブログよりもメルマガ中心で濃い情報をお伝えしていますのでメルマガも是非読んでいただければと思います。


カテゴリー

ページの先頭へ