メルマガバックナンバー4月9日~4月18日

4月9日:4月10日週のユーロドル相場分析を更新しました

こんにちは、
シンプル戦略FXの井村です。

さて、今週のユーロドル相場分析、
ブログの方にアップしましたので、
メール最後にリンクを載せておきますね。

シンプルに高値安値を
意識してトレードしていくだけで
資金は増えていくということです。

しかも、私が推奨している時間足は
4時間足です。

ユーロドルだけで言えば、
1日5分もチェックしないんじゃ
ないですかね。

今週の場合は、
木金あたりがトレードポイント
になったように思います。

なので、
もっとトレード回数を増やしたい方は
通貨ペアを増やすことです。

そして、
「わかりやすいところだけ」
トレードする、ということ。

例えば、カナダフラン(CADCHF)では、
反転のわかりやすい形ができています。

→ https://fx-trader-life.com/img/CADCHF_20170409.png

今はその上の高値との攻防戦
となっています。

というように慣れていくと
毎日30通貨くらい監視して、
トレードすることも可能です。

しかも、分析に使う時間は、
朝の30分くらいです。

FXマスターキーを見返してもらい、
長期足とトレードポイントを
復習してみてください。

特にトレーダーであれば、
平日は相場が動いてしまうのと
仕事もあるでしょうから、
冷静な判断ができなくなります。

週末の時間を有効に使って、
相場分析をすることはもちろん、
ご自分のフォームを固めてくださいね。

ユーロドルの今週の分析はこちらです。
https://fx-trader-life.com/fx-scenario-20170410-wk-preview/

それでは、今週も頑張っていきましょう!

 

4月10日:弱者の必勝法

こんにちは、
シンプル戦略FXの井村です。

今週も始まりましたね。

週末はどのように過ごしましたか?

私は仕事でした笑

昨日、朝早くから新橋に行ったんですが
新橋ってあれデスよね。

成功者と脱落者が混在する街
という感じがします。

どちらに転ぶかは、
今の自分の行動次第ですので、
気を引き締めていきたいと
強く思いました。

さて、
FXトレードで勝ち続けるためには、
当然ながら、プロになる必要があります。

一言で言うと頭で考えずに、
間違いのない行動を取ることです。

野球でいうと、

「ストレートが来た」
「カーブが来た」

というのを頭で考えてから
バットを振ったのでは間に合いません。

さらに、ボールが近づいてくるときに

「ストレートの場合は
この軌道に来るはずだから、
肘をこう畳んで・・・」

とイチイチ考えている暇はありません。

来たボールに対して

身体が勝手に反応する状態
~~~~~~~~~~~~

にしておく必要があります。

そのための訓練が野球の場合は、
素振りであり、バッティング練習です。

プロになるためには、
1日1000本以上は当たり前で
やはり数が多い人がプロに近づきます。

FXにおいてプロになるための素振りは、

”検証”です。

検証を行わずにただ、教材を見ても
1,2回は勝てるかもしれませんが、
勝ち続けることは無理ですね。

チャートのプライスの動き、
ローソク足の動きを見続ける、
その結果、「上がりそう」
というのがわかってきます。

上がりそうなローソク足の動きが
感覚的にわかるようになると、
負けパターンもわかるようになります。

だからといって
負けを減らせるというより、
負けを受け入れやすくなる
という程度です。

ここで様々なルールを追加して、
負けを減らそうとすると
ドツボにはまりますので気をつけてください。

FXで勝ち続けるには
負けとうまく付き合うことです。

そのひとつの方法は、
検証で負け慣れておくことです。

損益率さえ確保しておけば、
勝率3割でも資産は増えます。

それが大きな資産を持たない
弱者の必勝法です。

カナダ円も下げ止まりそうな気配です。
反転したらうまくリターンムーブを
取っていきましょう。

→ https://fx-trader-life.com/img/CADJPY_20170410.png

では、今週も頑張っていきましょう!

4月11日:ストレートを打つだけでいい

こんにちは、
シンプル戦略FXの井村です。

今朝の東京は雨です。
季節の移り変わりですから、
風邪など引かないように
してくださいね。

そういう意味では、
独立してから今まで
風邪らしい風邪を引いた覚えが
ありません。

行動を止めたら死ぬ・・・

という強迫観念があるから
だと思います。

病は気からとよく言われますが
本当にその通りだと思います。

サラリーマン時代は
会社が嫌でしたので
よく具合が悪くなりました。

というより、
「具合よ悪くなれ!」的な
呪文を唱えていたように思います笑

さて、雑談はこれくらいにして。

昨日に引き続き、

練習=検証の大切さ、
~~~~~~~~~

についてお話していきます。

野球の素人がいきなり、
ストレートとカーブとフォークを
打とうとしても無理です。

なぜならバッティングの基礎が
全くできていないからです。

昨日もお話したように、
まずボールを打つ前に、
ボールを打つ動作を覚える。

それが素振りであり、
検証です。

しかも
バッティング技術の高い人は

ただ単にバットを振るのではなく
ストレートが向かってくるイメージを
描きながらボールを弾き返す、

というイメージトレーニングも
一緒にしているんですね。

そうすると実際に球が来たときに
身体が条件反射で動き、
ボールをミートできるんです。

野球がわからない人だと
スラムダンクの桜木花道を
イメージするといいかもです。

彼もド素人から、基礎練習を経て、
20000本のシュート練習があり、
山王戦で劇的なショットを決めるわけです。

FXトレードも一緒で
まずローソク足の動きに慣れる。

で、

この慣れるという作業も
実際の相場を見ていると
時間がかかるので、
検証ツールを使って
たくさんのローソク足を見る。

次に非常にシンプルな手法を
使って手法の有効性を確かめる。

例えばFXマスターキーのように
水平線1本引くだけでトレードする。

FXマスターキーは
基本的なストレートを打つ練習
と一緒だと思ってください。

それを1000本以上やってみる。

そうするとですね、
不思議な事が起こります。

最初は難しくて難解に思えた
チャートがだんだんと見えてきます。

「そろそろ上がる」

が感覚的にわかるようになります。

それが野球で言うところの
条件反射でストレートが打てる
ようになるというレベルです。

これを必死に
潜在意識に落とし込むこと。

考えてわかったレベルでは、
本当にわかっていないです。

検証ソフトを動かしていて
上がるポイントをしっかり見つけて
何度も繰り返すことによって
何も考えなくてもできるように
なってください。

これをできるだけで、
本当に一生FXで食っていけます。

野球の世界では
一流のバッターになるには
ストレートだけでなく、
カーブ、スライダー、フォークなど
多彩な球種に反応する必要があります。

しかし、FXの世界では、
カーブやフォークも
打つ必要がありません。

ストレートだけ打てれば良いのです。

これがわかっただけでも
自分がすべきことが
腑に落ちるんじゃないんでしょうか。

桜木花道のように、
検証2万本やってみてください。

そういえば、日曜日のメルマガで
お伝えしたCADCHFはいい感じで
上昇していますね。

→ https://fx-trader-life.com/img/CADCHF_20170411.png

それでは!

4月13日:トレードにおける準備とは

こんにちは、
シンプル戦略FXの井村です。

昨日は日々の寒暖差のせいか
風邪っぽくなりましたが、
葛根湯2本飲んで乗り越えました笑

というわけで昨日はメルマガは
お休みさせていただきましたが
今後はなるべく休まず出しますので
楽しみにしていてください。

さて、本題です。

日々、検証の大切さを
お伝えしているわけですが、
実際にトレードするときも
決まったルーティンを決めると良いです。

というのも、
どうしても現在の動いているチャートが
気になってしまうじゃないですか。

ずっとチャートに張り付いてしまいます。

しかし、
それは単に相場に心を奪われているだけで、
トレード力の向上にはつながりません。

いつも野球の例えになってしまいますが

打席に立つときに、
素振りとかの準備をせずに
バッターボックス入る人はいません。

ネクストバッターズサークルに入って
素振りをして自分のフォームをチェックする。

打てるイメージを自分の中に描き
精神統一する。

など常に準備をします。

他のスポーツでもそうですよね。

試合の前には日頃練習して
修正したポイントをチェックして
本番で力を発揮しようとします。

試験などでもテストに出るところを
集中的に勉強してから、
試験を受けます。

こういうことは当然できているのに、
相場になると現在のチャートを見れば
トレードがうまくなると思ってしまう。

トレードで言えば相場に入る前に

検証してフォームチェックする
~~~~~~~~~~~~~~

ということを毎日してください。

私も昔そうでしたが、
検証とかまとめてやれば
いいと思ってました。

しかし、それだとブレます。

常に本番の相場に入ってしまうと
負けてしまったときに
更に良い手法を探してしまいます。

そうすると今まで優位性があり、
シンプルになっていた手法を
複雑にしてしまい、
新たな情報を仕入れようとします。

ブレないように、
フォームが崩れないように、
毎日検証する。

朝出かける前の歯磨きと同じで
検証も習慣にしてください。

そういえば、先日お伝えしたCADCHFですが、
いい感じで上昇していますね。

→ https://fx-trader-life.com/img/CADCHF_20170413.png

・ダブルボトム
・リターンムーブ
・高値更新

形としては、
まだ上昇しそうな感じです。

では、本日も頑張っていきましょう!

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

それでは!

4月14日:ツールの有用性について

こんにちは、
シンプル戦略FXの井村です。

最近は朝晩の冷え込みも少なく
だいぶ過ごしやすいですね。

東京では桜も散り始めていて、
葉桜になってきています。

さて、
今日はツールの有用性について
考えてみたいと思います。

結論としては、

・根拠が理解できている
・補助として使う
・ひとつに絞る
・検証で優位性を自分で確認する

という条件であれば、
使ってもいいと思いますし、
兼業の方はそのほうが効率的です。

----------------------
■根拠が理解できている
----------------------

これは当たり前というか、
これがなかったら、
その他の項目が全部○でも
使ってはいけません。

ツールはあくまであなたの代わりに
相場を監視してくれるものです。

つまり、あなたの脳なのです。

なのに、
何を考えているかわからない人に
人生を預けるのは危ないですよね笑

さらに言えば、その根拠も
相場の本質に近いもの、
基礎的な要素のほうがよいです。

例えば、

・移動平均線
・一目均衡表、
・ダウ理論
・レジサポライン

これらのものであれば、
相場の優位性を保つことができます。

しかし、
オシレーターや商材で提供されるような
ブラックボックスに入っているツールや

オシレーター系の
買われすぎ、売られすぎ
だけでサインを出すツールなどは、
非常に根拠が曖昧ですし、

自分の資金をリスクに
晒すべきではありません。

----------------
■補助として使う
----------------

当たり前ですが、サインが出ただけで
エントリーするのではなく、

全体的な相場環境、例えば、

・ダウの方向性と合っているか
・背後には強力なレジサポがあるか
・長期足の方向との兼ね合いはどうか

などのフィルターを重ねた上で
最終的にエントリーするべきです。

ツールはあくまで補助です。

「いい感じの環境になりましたよ」

とお知らせしてくれるだけです。

--------------
■ひとつに絞る
--------------

いくつもツールを重ねてしまっては
迷いが生じてしまいます。

これは私が既に経験済みです汗

チャートをグッチャグチャにして、
相場を分析しきろうとすると、
判定方法が複雑になってしまいます。

負けたときには
更にツールを重ねてみたりします。

全部揃ったときにエントリーしよう、
となると既にトレンドの終わりだったりします。

そういう意味で、
相場をシンプルに、判定ポイントは一つに絞り、
優位性を確保するようにしてください。

------------------------------
■検証で優位性を自分で確認する
------------------------------

これはどんなツールにおいても
当てはまります。

いくらセールスレターで

「このツールは勝率90%、
1年後に1億円です」

なんてツールを手に入れても
鵜呑みにして資金を入れないこと。

自分で検証して、勝率や資金増加が
思った通りであるかを確認しましょう。

こうやって常に検証するクセを
つけていると実は楽しくなります。

仮想空間で勝ち負けを繰り返します。

最初は「勝った!」「負けた~」
という感情が出てきますが、

だんだんとそれもなくなり、
とにかく検証回数を重ねた結果、

「資金が増えたかどうか」

だけに注目するようになります。

ぜひ検証するクセを付けていきましょう!

4月15日:トレーダーのオススメの休日の過ごし方・・・

こんにちは、
シンプル戦略FXの井村です。

今日は休日の過ごし方について
少しお話しようと思います。

もちろん、
FXトレーダーですから
「検証しよう!」

ということが
第一に来るかと思いきや、

好きなことしたらいいです。
~~~~~~~~~~~~

とにかく後悔しない生き方をする
ってことが重要だと思います。

検証するのもありだし、
家族と出かけるのもあり、
草野球に出かけるのもありです。

自分のためというよりも
家族のためにも時間を使って
頑張れる環境を作っていきましょう。

あとスポーツはおすすめですね。

軽く家でストレッチや筋トレでもいいですし、
ジョギングに出て外の空気を吸うのもいいです。

または草野球や所属しているチームがあれば
試合に参加して勝負感を養うのも重要です。

映画で自分の感性を刺激するのもあり。

とにかく自分や家族、人が喜ぶことが
できればいいのではと軽めに考えています。

ただし、
一番やってほしくないのでは、

パチンコ屋に行ってしまうとか、
テレビを一日見て過ごしてしまう、
スマホゲームにハマってしまう

ということ。

喜ぶのは
パチンコ屋とゲーム会社だけですから。

でも、
再度発奮するためにトコトンやって、
パタッと止めるということができれば
1日限定とかでやるのもありかな。

とにかく、
今日一日後悔しない日にできるよう
有効に時間を使っていきましょう!

それでは!

4月16日:FXで勝ってどうなりたいか決めていますか?

こんばんは、
シンプル戦略FXの井村です。

今日は夜の配信になりました。
やることが多くてすみません笑

さて、日曜日の夜といえば
あなたは何を想像しますか?

僕らの世代では、
サザエさん、ちびまる子ちゃん、
元気が出るテレビや大河ドラマですね。

この年になると
子供だった頃の番組を思い出すと
妙に甘酸っぱくなりますね。

もうあの時間は戻らない、
何も考えずに楽しいことだけを
考えていたあの頃、、、涙

確かに私たちが子供に戻ることは
当然できないわけですが、

子供の頃のように
楽しく生きることはできます。

ただし、そのためには
絶対的に収入面の心配を
取っ払う必要がありますよね。

そのひとつの考え方が
副業であり、我々で言えば
FXなわけです。

FXで安定して収益が出れば
本業の仕事のプレッシャーも半減し、
最終的には自分の事業を
立ち上げることもできます。

FX以外にも収入ができ始めると
仕事のために東京や都会に出てきた方も
地元に戻ってゆったり仕事が
できるようになります。

自然が近くなり、食べ物も安くて美味しい。
さらには両親も一緒で面倒も見れる。

そんな未来があるかもしれません。

あなたがFXをはじめた理由、
さらには収益が出た時に
どうなりたいのか。

これらは早めにノートなどに
書き留めておいて、
時々見直すようにしてください。

人は目標やイメージを設定せずに
その方向に進むことはありません。

単にお金が稼ぎたいではダメです。

どうなりたいのか、
何をしたいのかを明確にしましょう。

逆にこれがないと今まで埋め込まれた
ネガティブな思考が自動的に、
悪い方向に引っ張っていきます。

今までと変わらない自分、
今より悪い自分が形成されます。

かと言って、
失敗をイチイチ気にしないこと。

失敗しても前を向いて進んでいく。

損切りに合っても
その手法を変えない。

人生も相場も一緒で
損切り(失敗)しながら、
成長していくわけです。

なので目標を明確にして、
相場と真剣に向き合っていきましょう。

ブログの方にユーロドルの
先週の振り返りと来週の分析を
行っています。

→ https://fx-trader-life.com/fx-scenario-20170417-wk-preview/

ブログの先週振り返りで解説している

②のリターンムーブは
FXマスターキーを真剣に
学んだ方なら取れているはずです。

取れてないとしたら、
真剣に学んでないだけです。

今一度教材を
見返してみてください。

来週の相場も始まりますので、
早めに相場分析して、ゆったりと
相場に向かっていきましょう。

それでは!

4月17日:時間を無駄に使ってませんか?

こんにちは、
シンプル戦略FXの井村です。

今週も始まりましたね。

今朝は資料の印刷を
会社近くのキンコーズで
やってきました。

印刷ページ数が200ページ以上あったので
自宅のプリンタでは時間がかかりすぎますし、
両面印刷とホチキス止めもしたかったので。

でも、よく考えてみると
印刷コストもそうですが、
キンコーズのようなところで
印刷するとスピードが段違いに早いです。

たぶん、自宅プリンタでやった場合、
30分以上かかったであろうものが、
キンコーズではものの5分程度です。

印刷品質も高く、ホチキス止めも
キレイにしっかりされています。

ここで何が言いたいかというと、
何事もコストとスピードのバランスを
考えて行動しましょう、ということです。

トレードの場合に当てはめると
短期足でチャートに張り付いてしまうと
エントリーポイントに来るまで
待っている必要があります。

それが1時間なのか、2時間なのか。

エントリーした後も
決済を監視する必要がありますよね。

ニューヨーク時間にエントリーしたとして、
午前0時を超えて2,3時までかかることも
あるわけですよね。

利益が取れれば何でもいいじゃん、
という考えもあるかもしれませんが、
その数時間は基本的に何もできないので、
非常に非効率になりますよね。

本当であれば、その時間に

・本を読んだり
・家族と過ごしたり
・トレードの勉強や検証をしたり

ということができたはずです。

あなたの数時間という”コスト”が
消費されていると考えてみてください。

その点、私が推奨する4時間足トレードは
朝イチにチャンス通貨があれば
指値エントリーしておくだけ。

損切りと利確も同時に決めるので、
チャートに張り付く必要が
”ゼロ”なわけです。

勝っている(であろう)デイトレーダーは
自分を正当化するために、
チャートに張り付くことを
自慢げに話しますが、よくよく考えてみると
非常に効率が悪いんですね。

常に言っていますが、
チャートに張り付いても
トレード力は上達しません。

検証をしてトレード力が上達するのです。

改めて何に時間を使うべきか
考えていただければ幸いです。

それでは!

4月18日:怒りがこみ上げたときは○○○について考えます!

こんにちは、
シンプル戦略FXの井村です。

普段「怒りの感情」が出てきた時
どうしていますか?

私は先程スタバで並んでいて、
少し食べ物のコーナーを見ていたら
中年サラリーマンに
横入りされてしまいました。

この横入りされた瞬間から
怒りがこみ上げてきて、
ケツを蹴り上げてやろうか
とも考えましたが、、、

そんなことをしても意味ないので、
別のことを考えようと試みたところ、
怒りはひとまず収まり、

今ではそんなことあったっけ?笑

という気持ちまで落ち着いてます!

トレードにおいても、負けたときなどは
怒りがこみ上げてリベンジトレードを
してしまいますよね。

私も経験があります。

しかし、それだと相場の思う壺です。

一旦PCを閉じて、席を立ち、
ベランダに出たり、家の周りを散歩したり、
タバコを吸ったり、コーヒーを飲んだり。

いろいろと気分転換方法はあります。

あとは別の楽しいことを考えるのが
非常に有効です。

週末出かける場所を考えてみたり、
家族のことを考えたりすると、
やっぱり落ち着きます。

やはり家族がいての自分なんだなぁと
今でも気付かされます。

トレードって金額が上がれば上がるほど
魂を持っていかれます。

家族を置き去りにして
トレードだけに集中します。

それだとどツボにハマります。
トレードって時間をかければ
頑張れば勝てるって代物ではありません。

頑張れば頑張るほど、
意味がわからなくなります笑

本当にシンプルに解きほぐして、
生活や本業とのバランスをとって
軽めに扱うのが良いです。

気持ちを落ち着ける方法は
このくらいにして、
実際に先程何を考えていたか。

実は昨日お知らせしたように
今、ツール開発をしていて、
検証状況がかなりいい感じだったので、
ツールのことを考えていました笑

ちなみに、こんな感じです。

→ https://fx-trader-life.com/img/tool_GBPJPY.png

これだけで270pipsを獲得できる計算です。

でも、やっぱりサインツールって
ダマシも出るなー、と思うのですが、

かなり簡単な方法で
ダマシに引っかからない方法も
見つかっています。

まー、当然といえば当然なんですが。

まだ、全体のデータや手法の精査にも
時間がかかりますが、状況はメルマガでも
お伝えしていきますね。

では、今日は以上となります。

一気に暖かくなってきましたが
体調管理にはお気をつけてくださいね!

それでは!

リアルタイムメルマガを読むために

もしこれらのメルマガバックナンバーに共感いただけたのであれば
下記のバナーからメールアドレスをご登録ください。

水平線を1本引くだけでトレードする

トレード手法「FXマスターキー」

完全無料でプレゼントしています。

ぜひこのメール講座を受講した上で最新のメルマガに触れていただければと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
井村尚弥

井村尚弥

1975年北海道小樽市生まれ。人生の可能性を追求する起業家。現在はFXやリスクの極めて小さいブログでの広告ビジネス、メールマーケティングなどで複数サイトを保有し、安定した収入を得る。

投稿日:

Copyright© FX相場の本質を知りシンプルな戦略で勝ち続けるブログ , 2019 All Rights Reserved.