The Marketing FX オススメ商材

【レビュー】マーケティングFX(The Marketing FX)の評価や評判を検証(相場環境とロジック)

投稿日:2018年11月24日 更新日:

こんにちは、井村です。

この1週間リリースされる

The Marketing FX(マーケティングFX)

の検証をしてきました。

 

検証期間としては若干短いものの

かなり有益なツールであることは

間違い無いので、私も紹介していきます。

 

では、まずこの

The Marketing FX(マーケティングFX)の

相場環境分析方法やロジックをご紹介しましょう。

 

セールスページはこちらです。

 

マーケティングFX

 

見てもらえばわかりますが

超絶長いセールスレターですw

 

なお、意味のあるてんこ盛り特典を説明したページはこちらです。

マーケティングFX(The Marketing FX)参加特典を盛り込みすぎた件

 

The Marketing FXの相場環境やロジック

私がこのセールスレターを読み

実際にツールを運用して見て

このツールの全体像は何か?

ということを書いていきます。

 

一言で言えば、ルール通りにやれば

資金が増える可能性はかなり高いということです。

 

そりゃ、そうだろって話ですが、、、

 

つまり、このツールで提供するロジックは

セールスページに書いてある通りですが、

相場のトレンドに即して、

意味のあるラインで反応した時にエントリーして

意味のある損切りとストップを入れて

あとは放っておけばいい

というものです。

 

相場の方向性や強さを決める2つの武器

このツールには、

レンジ相場かトレンド相場かを明確に判断する

インジケーターが2つあります。

 

  1. トレンド一覧システム
  2. 通貨強弱判別システム

 

結論からすると、

この2つが以下の条件であれば

トレードが可能になります。

 

  • 1のトレンド一覧システム
    サイン方向と一致し数値が30以上であること。
  • 2の通貨強弱判別システム
    サイン方向と一致し数値が10以上であること。

 

一つ一つ説明しましょう。

トレンド一覧システムとはこちらです。

 

左の緑の丸で囲っている数字は

上昇トレンドの強さを示しています。

 

逆に右側の赤丸で囲っている数字は

下降トレンドの強さを示しています。

 

上記画像には、

 

「20通貨から点数の高い通貨、低い通貨を選ぶだけ」

 

と書いてありますが、実際の手順としては

  1. サインがでる
  2. トレンド一覧をみてトレード可能か判別する

となります。

 

このトレンド一覧システムは

適当に数字が作られているわけではなく

以下の4つの普遍的なインジケーターから

総合的に判断されています。

 

  • ボリンジャーバンド
  • ダウ理論
  • 一目均衡表
  • GMMA(多重移動平均線)

 

どれも昔から使われているインジケーターですよね。

 

もう一度画面を見ていただければわかりますが

B、D、G、Iと文字が縦に並んでいて

右側に数字が入っていますよね。

 

それぞれ

  • B→ボリンジャーバンド
  • D→ダウ理論
  • G→GMMA
  • I→一目均衡表

というわけです。

 

さらに、このトレンド一覧システムと

双璧をなす相場環境認識ツールとして

「通貨強弱判別システム」があります。

 

緑色の数字は強い上昇トレンドを示し

赤色の数字は強い下降トレンドを示しています。

 

数字(絶対値)が大きければ大きいほど

そのトレンドが強いという意味です。

 

詳しいロジックはセールスレターに

リンクが置かれているので、

興味のある方はそちらを見てください。

 

ただ、この2つの相場環境認識ツールがあることで

人間が犯しがちな相場環境認識ミスをなくすことができます。

 

これはトレードやって見てわかりました。

この数値をしっかり見なかったり

条件満たさない状態でトレードすれば

負ける確率は大きくなります。

 

逆にロジック通り、トレンド一覧で30以上

相場強弱判別システムで10以上の数値があり

方向性が合っていた場合の勝率は高いです。

 

面白みもなく結果が出る2つのエントリーロジック

まず第一に、

先に説明した相場環境をチェックして

方向性と強さが合っていることが必要です。

 

この段階で7割勝ちは決まっているそうです。

 

その上で、さらに慎重に勝つための

エントリーサインを待ちます。

 

このエントリーサインもブラックボックスではなく

一般で売られているFX本に乗っているような

単純なロジックを採用しています。

 

それを解説しているのがこちらの図です。

一つ一つ読むだけでも勉強になるのですが

要するに何が言いたいかというと、

重要なライン

  • 跳ね返される
  • 抜けてトレンドが継続する

 

どちらかの現象が出るときにサインが出ます。

具体的には

  • 押し戻りのタイミング
  • 二連続陽線・陰線でラインを抜けるタイミング

この2つにサインは集約されています。

 

しかも、そのラインというのが

1時間足、4時間足の単体で有効なラインではなく

  • 複数の時間足で重なる重要なライン
  • 日足、週足、月足

といったかなり強いラインでの反応を見てトレードします。

 

このラインは自動で表示されますから、

このラインで合っているのかなと心配する必要はゼロです!

 

そして、

トレード足が5分足か15分足になるので

↑に書いたような上位足のライン反応タイミングでは

しばらくトレンドが続くことはいうまでもありませんよね。

 

つまり、ホントに何もすることがありません。

すべてツールに任せておけばいいだけです。

 

下のチャート図は勝ったときのものです。

 

このチャートでは真ん中ちょい上に

水色の日足ラインが2本あり

そのラインを抜けてきたところで

エントリーしているのがわかります。

エントリーしてから、

ほぼ反発を食らうことなく

一直線に下降して行きました!

 

そして、注目してもらいたいのが

利確したラインのすぐ下に

黄色の「月足」のラインがあります。

 

この時は、ここで決済したんですが、

その後が恐ろしいことになりますw

真ん中の下向きの矢印が最初の画像の勝ち部分です。

その後、黄色の月足ラインに跳ね返り・・・

どこまでも上昇して行きました汗

 

しかし、安心してください。

 

このロジックでは利確ラインも決められています。

月足ラインを突き抜けて下降する

というような無謀なロジックではないので

ほぼ絶対にここで利確するようになっています。

 

この時は、月足ラインがあったので

ほぼ1:1で決済しました。

 

ということで、

The Marketing FXの強みというのが

  • 相場環境を分析する2つのツール
  • 重要ラインでの2種類のトレード方法

ということになります。

 

そのほかにも強みはありますが

骨子として重要なのはこの2つです!

 

もっと知りたいという方は

超絶長いセールスレターをご覧ください!

 

マーケティングFXで安心トレードを実現

 

追記2018.11.25

以下の点について追記します。

 

適した時間帯について

今までの検証機関を振り返ると

圧倒的にロンドン〜ニューヨーク時間にかけて

トレードタイムになります。

 

東京時間ではチャンスは皆無でした。

というより、サインが出ても

トレンド一覧や通貨強弱システムの

方向性と全く合っていなかったです。

 

今後はもちろん東京時間でも

トレンドが発生することもあるでしょうけど

やはり定番なのは夕方以降と思われます。

 

15時〜深夜1時くらいまでです。

販売者の楠山さんも、深夜2時以降は

流通量もグッと落ちるため精度が落ちると

おっしゃっていました。

 

弱点はないの?

弱点をあえて上げるとすれば、、、

 

それは、、、

色々と手法が多すぎることです。

 

私としては、

相場追従ロジックだけで十分です。

 

相場追従ロジックをやりまくって

勝ちまくって資金が相当増えてから

ダウ継続ロジックをやればいいと思います。

 

多分頭がついて行かずに

変なところでトレードすることになりますよ。

 

なので、

私のような優柔不断で物好きな人間は、

アレコレと手を出したくなっちゃいます。

 

それが弱点です。。。笑

 

しかし、

FXで勝とうと思うなら

間違いなく手にしましょう。

 

マーケティングFXで収入の柱を増やす

 

関連記事

マーケティングFX(The Marketing FX)参加特典を盛り込みすぎた件

【レビュー】マーケティングFX(The Marketing FX)の評判や評価を検証(通算+90.8pips)

【レビュー】マーケティングFX(The Marketing FX)の評判や評価2日目(通算3戦2勝)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
井村尚弥

井村尚弥

1975年北海道小樽市生まれ。人生の可能性を追求する起業家。現在はFXやリスクの極めて小さいブログでの広告ビジネス、メールマーケティングなどで複数サイトを保有し、安定した収入を得る。

Copyright© FX相場の本質を知りシンプルな戦略で勝ち続けるブログ , 2018 All Rights Reserved.