FX相場分析(シナリオ) デイリー分析

FX外国為替相場分析1月20日ユーロドル(EURUSD)

投稿日:

1月20日ユーロドル(EURUSD)の相場分析です。

昨日は開始直下にあった節目でうまく支えられて上昇していきましたね。
うまく拾えていれば利益になっている方が多かったと思います。

しかし、夜のドラギさんの会見でズドーンと落とされました。
その後の様子を見ていましたが、ほぼ全戻しになっていることから、
上昇継続の可能性が高まってきました。

それでは参りましょう。

動画解説

詳しくはこちらで解説しています。ぜひご覧ください。

相場分析

週足

下降ダウ、移動平均線も下げています。現在戻りを探っている状況です。
節目まで距離がありますので、このまま戻り(上昇)が続くものと思われます。

日足

上昇ダウ、移動平均線も上げています。
押し目買いを狙う場面ですが、現状日足レベルでは明確な節目はありません。

唯一固いラインとしては、1.05付近ですので、そこまで押してくれば日足レベルの押し目買いとなります。

4時間足

上昇ダウ、移動平均線も少し上げています。

昨日のドラギさんの会見で、一気に下げてきましたが、前回安値をかろうじて割らずに全戻ししていますので、上昇勢いは強いものと判断されます。

直近高値である1.067を超えていくとさらに最高値1.071あたりを目指していくと思われますので、東京時間から注目する必要がありそうです。

1時間足

下降ダウ、移動平均線は上げている。

押し目を探したいところです。このまま上昇して1.067あたりでのリターンムーブを狙うのが一番よいと思いますが、1.063あたりまで押してきてから、1.067をブレイクしていくと明確なトレンド転換にもなりますので、理想ですね。

短期足でトレードする場合も、方向が明確になってから入っていきましょう。
今はダウが下げてるが、移動平均線は上げていて総意が作られていないので、リスク高いです。

まとめ

金曜日なのでどれほど動くか分かりませんが、基本的には押し目買いを狙っていきます。

思っていた節目で止まらない場合は短期的に売ることも検討可能かなと思います。ただ、上位足は上昇しているので、リスク限定していきましょう。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
井村尚弥

井村尚弥

1975年北海道小樽市生まれ。人生の可能性を追求する起業家。現在はFXやリスクの極めて小さいブログでの広告ビジネス、メールマーケティングなどで複数サイトを保有し、安定した収入を得る。

Copyright© FX相場の本質を知りシンプルな戦略で勝ち続けるブログ , 2019 All Rights Reserved.