FX相場分析(シナリオ) デイリー分析

FX外国為替相場分析2月7日ユーロドル(EURUSD)

FX外国為替相場2月7日ユーロドル(EURUSD)の相場分析になります。

おはようございます。

昨日は見えていた1時間足のダブルトップが発動し、
さらに4時間足のヘッドアンドショルダーが形成される下げの動き
が非常に強かったですね。

やはり週足の節目は確実に意識されていますね。

上昇の勢いが止められるのか注目です。

 

動画解説

 

相場分析

週足

下げトレンド継続しており、ちょうど節目(水平線、移動平均線)で抑えられかかっています。

売りの圧力が強まる可能性を見ています。

日足

ダウは上昇、移動平均線も上昇しており、上昇トレンド継続しています。

しかし、週足の節目に抑えられる可能性が出てきています。

昨日つけた安値を守れるか、直近高値を超えられるかを注目していきます。

4時間足

 

下降ダウ、移動平均線も水平やや下降になってきています。

下降トレンドに転換しています。

昨日はヘッドアンドショルダーを形成して下落しましたが、
下落幅の半値まで戻している状況です。

ここから戻り売りされて下降していくと一気に下げやすい状況と見ています。

1時間足

下落トレンドになっています。

現状、1時間足で意識される節目(1.076付近)に差し掛かっていますので、
反転下落する可能性を見ています。

ここを超えて上昇すると、1.08付近あたりで再度売り買いの攻防がありそうです。

しかし、1.07付近の直近安値を割り込んでしまうと大きな下落になる可能性もあります。

 

まとめ

引き続き週足の戻り売りポイントとして、日足が下落に転じるかどうか、
それとも、週足の節目を超えていくのか注目ですね。

短期足でトレードする場合は、1時間、4時間のトレンドに沿って売りでしょうか。

 

では本日も頑張っていきましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

井村尚弥

1975年北海道小樽市生まれ。人生の可能性を追求する起業家。現在はFXやリスクの極めて小さいブログでの広告ビジネス、メールマーケティングなどで複数サイトを保有し、安定した収入を得る。

© 2021 FX相場の本質を知りシンプルな戦略で勝ち続けるブログ