FX相場分析(シナリオ) デイリー分析

FX外国為替相場分析2月10日ユーロドル(EURUSD)

投稿日:

FX外国為替相場2月10日ユーロドル(EURUSD)の相場分析になります。

おはようございます。

昨日は高値切り下げて再度下落してきています。

しかし、週前半の下落勢いが少し落ちてきているようにも
反転上昇の可能性も見る必要がありそうです。

動画解説

 

相場分析

週足

下げトレンドの戻り売りが発動し始めました。

直近安値に向かって動き出すかどうか注目ですね。

日足

上昇トレンドにあります。

水曜日に下ヒゲの陽線を形成していたので
買い勢力が盛り返してきていると見ていたのですが、

昨日は大陰線になってしまい、上昇力に疑問がつきます。

移動平均線もフラットになってきているので、
買い勢いはそれほどない可能性があります。

しかし、まだグランビルの法則で上昇する可能性も
ありますので、値動きに注意していきたいです。

4時間足

下降トレンドに転換しています。

4時間足移動平均線のグランビルの法則発動で、
下降反転してきています。

上値(1.07)が固くなってきています。

一旦レンジ形成の可能性もありますので、
再度1.07に上昇してきたら
反転下降の形を見て戻り売りをしかける
というのもありかと考えています。

下値も1.062が日足押し安値になりますので、
それなりに固い可能性を見ています。

1時間足

1時間足は下降トレンドです。

1.07のラインで再度落とされて、直近安値の1.067を割っています。

全体的に売りの流れです。

1.065付近を抜けるかどうか、抜けたら日足押し安値の1.062を抜けるかどうか、注目していきたいですね。

 

まとめ

昨日に引き続き下目線ですが、節目(日足押し安値)が近いので急激な反転に注意していきたいです。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
井村尚弥

井村尚弥

1975年北海道小樽市生まれ。人生の可能性を追求する起業家。現在はFXやリスクの極めて小さいブログでの広告ビジネス、メールマーケティングなどで複数サイトを保有し、安定した収入を得る。

Copyright© FX相場の本質を知りシンプルな戦略で勝ち続けるブログ , 2019 All Rights Reserved.